アドバンスオートモービルHOME > 車輌一覧 > ベントレーコンチネンタル GT

車輌在庫一覧

詳細情報 CAR DETAILS

ベントレーコンチネンタル GT

基本情報
価格 SOLD OUT売約済
年式 平成17年(05年)
モデル年式 未登録
走行距離 13,500km
ブラック
車検 平成23年(11年)01月
ドア 2D
駆動方式 4WD
車輌寸法 全長: -mm
全幅: -mm
全高: -mm
車輌重量 -kg
排気量 6,000cc
修復歴 なし
印刷用ページ

この車をシェアする

メイン画像
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
装備・仕様
  • エアバッグ
  • パワーステアリング
  • パワーウィンドウ
  • ABS
  • アルミホイール
  • CDチェンジャー
  • ナビ
  • TV
  • キーレス
  • ETC
  • 4WD
  • AT
  • 右
  • ガソリン
  • レザー
  • クーペ
  • オートエアコン
  • ディーラー
その他装備・仕様

タンレザーシート・社外HDDナビ/TV・純正アルミ・キーレス・キセノン・CDチェンジャー・ETC

コメント

ベントレーよりリリースされる、世界最速最強の4シーターカーと謳われるコンチネンタルGT。 ジュネーブモーターショウにおいて一般に初公開、英国の最高峰のグランドツーリングの伝統に培われたすべての要素と、ベントレーのクラフトマンシップに加えて、最先端の技術の数々が融合された車である。 Bピラーレスの2ドアクーペボディは、560psのパワーと66.3kgmのトルクを出力する、6L W型12気筒48バルブ+ツインターボエンジンを搭載。 V型6気筒 2基を72度に組み合わせた基本構造はフォルクスワーゲン製だが、完全再設計し、わずか1600rpmで最大トルクを達成、最高速度は300km/h超、静止状態から100km/hまでの加速はわずか4.8秒を誇る。 4輪駆動方式は、バドルシフト6速オートマチックとともにベントレー初の試み。 サスペンションはダブルウイッシュボーンとリヤマルチリンク。 車全体に配備されたセンサーから中央コンピュータに送られ、そのデータに従って指令するアジャスタブル電子式ダンパーを内蔵したエアスプリング式としている。 リヤスクリーンとトランクリッドの接合点に、デザインと一体化する格納式リヤスポイラーがつく。 インテリアは特徴的な左右対称のダッシュボードに、ブライトリングのアナログクロック、天然革張りとウッドパネルなど最高級を揃える。 安全装備に関しても、デュアル&サイド&カーテンエアバッグ、ブレーキアシスト、電子式走行安定プログラム(ESP)など最高級を装備する。 一方、コンチネンタルTは426馬力と88.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。 組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4速ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。 短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用する。 インテリアはアルミニウム製のダッシュパネル。 スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。 ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

LINEでお問い合わせ